読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベルさんの戯言室

ゲームの攻略とか映画のネタバレとか。そのほかヌルヌル書いてます。リンクフリーです。※当ブログはPC版表示に最適化されています。

イントゥ・ザ・ウッズ ストーリー(ネタバレ)

ギャラリー|イントゥ・ザ・ウッズ|映画|ディズニー

 

 

映画「イントゥ・ザ・ウッズ」見てきました!

 

ミュージカル映画ですので基本的にほぼ全部歌です。ストーリー構成も難しいため子供向けの映画ではありませんのでご注意を。

 

 

 

ストーリー

いつもと同じようにストーリーを箇条書きで書いていきます

掲載の都合上、一部抜けやミスがあるかと思いますがご了承くださいませ

 

  • 昔々。とある王国の話
  • とある少年は雌牛の世話をしていた。しかし雌牛は乳を出すことが出来ない
  • お金に困った少年の母親は、少年の友達でもある牛を、森を抜けた市場に5オンスで売りにいくように言われ、森に向かう事に。
  • とある少女は母親を失い、叔母とその子供達の飯使いをさせられていた。少女は今度お城で開かれるパーティーにつれていってほしいと叔母に頼むが、叔母はバケツ一杯の豆をぶちまけて、出掛けるまでに全て拾ったらつれていくという。少女は鳥に助けてもらいながら豆を集めるが、叔母は汚い格好の少女をつれていくと恥ずかしく、王子にも失礼だと言い、置いていってしまう。少女は亡くなった母親に祈ろうと森に向かう
  • とある町に子供のいないパン屋の夫婦がいた。パンを売る準備をしていると一人の赤い頭巾を被った少女が現れる。彼女はお婆さんの為にパンを欲しがる。その様子を見たパン屋の奥さんは少女にパンを分け与える。少女はお婆さんに合うため、森に向かう
  • パンを売りきり片付けをしていると、隣に住む魔女が店に入ってきた。魔女は子供が出来ない理由は、過去パン屋の父親が、身籠って腹を空かせた母親の為に畑に忍び込み、野菜と魔法の豆を奪われた仕返しに呪いをかけたからだと言った。魔女は魔法を解くためには
  • 1.ミルクのように白い牛
  • 2.血のように赤い頭巾
  • 3.とうもろこしのように黄色い髪の毛
  • 4.黄金に光輝く舞踏会の靴
  • を青い月の光る3日目の深夜までに森で集めるように言う。パン屋の主人は森に向かう事にする。妻がコートを差し出すと、そのコートにはかつてパン屋の父親が奪った魔法の豆が6個あった。パン屋の主人は豆を持ち、妻を残して森へ向かう
  • 飯使いの少女「シンデレラ」は母親の墓に木を植えていた。今ではその木は大木となり、根元の墓石を葉でおおっていた。シンデレラが祈ると、木の幹に彼女の母親が現れる。母親は本当にそれでいいのかを聴き、シンデレラに黄金に輝くドレスと靴を与え、シンデレラはお城へ向かう
  • 王子の弟は、歌声を便りに森の中で一つの塔を見つける。棟の下には老婆(魔女)がいて、「ラプンツェル!髪の毛を下ろしておくれ」と言うと、塔から髪が降りてきて、その髪に捕まって塔に上っていくのを目撃する
  • 赤ずきんの少女は森にある祖母の家へ向かっていた。すると途中にオオカミが現れる。オオカミは彼女をあの手この手で誘うがなかなか誘いに乗ってこないので花畑に残してどこかへ行ってしまう
  • 赤ずきんが花をつんでいるとパン屋の主人が現れた。彼は赤ずきんを奪い逃げるが、少女が叫ぶ声を聞いて罪悪感から返してしまう。赤ずきんの少女は彼を罵倒し、祖母の家に向かう
  • パン屋の主人がうなだれているとそこに妻が現れる。妻に帰るよう説得していると、偶然そこに牛を売る為に森を抜ける途中の少年に出会う
  • 妻は魔法の豆が1ペンスの価値があると少年に言い、5個と引き換えに牛を買い取る。少年は牛を買い直すと決意し、家に戻る
  • 牛を家に連れて帰るよう妻に渡し、主人は一人で他の物を探す
  • 赤ずきんの少女はお婆さんの家についたが、ドアが半開きになっていた。不振に思いながら家に入ると、ベッドにはお婆さんの振りをしたオオカミがいて……彼女は丸飲みにされてしまう
  • 叫び声を聞いたパン屋の主人が慌てて家に入ると、腹を大きくしたオオカミが寝ていた。主人は腹をナイフで切り、少女とお婆さんを助け出した
  • 少女は感謝の印として、主人に赤ずきんをあげ、自分は代わりにオオカミの皮で頭巾をお婆さんにつくってもらうことになった。
  • 赤ずきんの少女と別れると魔女が現れる。彼女に赤い頭巾を渡そうとするも、魔女は自分は触ることができないと言う
  • 小屋に戻った少年「ジャック」は、牛を豆と交換したことで母親に起こられていた。母親は豆を地面に投げ捨て、ジャックに夕食は無しと告げる。
  • ジャックが寝た頃、豆からは巨大な蔓が延び始めた……
  • 夜、シンデレラはお城から逃げ出した。彼女は森に逃げ込み、牛をつれたパン屋の妻に出会う。パン屋の妻が彼女を追いかけてきた王様から庇い、なぜ逃げているのかと聞くと、彼女は、自分の想像と違うからと答えた
  • その時妻は、彼女の身につける靴が黄金に輝く個とに気がつくが、突然牛が逃げ出してしまったため追いかけることに
  • そこに魔女が現れ、1日目の期限が終わったことを告げる
  • 2日目の朝、ジャックの家の隣に巨大な蔓が延びていた。
  • パン屋の主人が森で寝ていると、そこにジャックが現れた。彼は巨人の国の話をして、盗んできた黄金の金貨5枚で牛を買い直そうとするが、牛はその場にいなかった
  • ジャックが去ったあと、妻が現れ、牛を逃がしてしまったという。主人は家に戻るよう妻に言い、牛を探しはじめた
  • ジャックが歩いていると、オオカミの皮を被った少女に出会う。ジャックが彼女に巨人の話をするが彼女は信じない為、ジャックは再び巨人の国へ向かうことに。
  • 妻は森の中で王子とその弟を見かける。弟は王子に、塔にいる女の子がとうもろこしのように黄色い髪その毛を持っていると話しているのを聴き、妻はその塔へ向かう
  • 塔に到着した妻は、「ラプンツェル!髪の毛をおろして!」という。それを聞いたラプンツェルは相手が王子だと思い髪の毛を下ろす。髪の毛を掴んだ妻は髪の先端を切ってしまう
  • 森の中を妻が歩いているとまたもシンデレラが城から逃げ出していた。妻は彼女の靴を奪おうとするが失敗してしまう
  • その頃主人は牛を探し疲れ、茂みに座り込んだ。するとその茂みには牛が隠れていた。牛をつれた主人の前に妻が現れ、アイテムが3つ揃う。
  • 3つアイテムがそろったことで喜ぶが、そこにジャックが現れる。彼は金の鶏の卵で牛を買い取ろうとするが、牛が死んでしまう
  • 3日目のあさ、ジャックはハープを担いで蔓を降りていた。しかしジャックはハープを盗むとき巨人に見つかってしまっていて、巨人が追いかけて降りてきていた
  • 地上についたジャックはあわてて斧をつかみ、蔓を切り始めた
  • パン屋の夫婦が森を出たとき、丁度蔓が切れ、巨人は落下死した。
  • パン屋の主人は白い牛を入手するため隣町に行き、妻は黄金の靴を入手することに。
  • その頃ラプンツェルの塔に王子の弟がいるのを魔女が発見する。王子の弟が帰ろうとするので魔法をかけて茨をはえさせ、目を見えなくしてしまう
  • 魔女は塔に登り、ラプンツェルを怒り髪を切ってしまう
  • その日の夜もシンデレラは再び城から逃げ出していた。しかし何度も逃げられていた王子は、階段にタールをぬっていたため、靴が階段にくっついてしまった
  • このときシンデレラは本当にこのまま逃げて良いのか、に迷う。もしこのまま戻ったら今迄みたいに皆から無視された召使としての生活に戻ることになる。しかし王子が本当に自分のことを好きなのかが分からない。
  • そこで彼女は、わざと靴を一つだけ階段に残し、森に逃げて行った。
  • すると森でまたパン屋の妻に出会う。妻はシンデレラから靴を魔法の豆を交換しようとするがシンデレラは魔法の豆を投げ捨ててしまう。妻は自分の靴をさしだし、シンデレラは靴を交換する。
  • そこに主人が隣町から白い牛を買って戻ってきた。
  • すべてのアイテムが揃ったとき魔女が現れるが、ミルクのような白い牛ではなく、白い粉を塗ったものだと言う。パン屋の主人が死んだと弁明するが、魔女が生き返らせるので連れて行くように言われる。
  • ジャックはその頃、死んだ牛を枯葉で覆い、ハープの音を聞いていた。そこに魔女とパン屋が現れる。魔女は牛を生き返らせ、靴と赤ずきん、髪を食べさせて、乳を回収するように言う。
  • しかし乳が出てこない。妻が髪を塔の上の少女から採ったと聞いた魔女は、自分が触れるものはダメだと言う
  • しかしこのとき、トウモロコシのような髪とはトウモロコシ自体についている髭ではないかとなり食べさせてみると、牛が乳を出すようになる
  • 乳を盃に取った魔女が飲むと、彼女にかけられた呪いが解け、若返る。同時にパン屋の妻のおなかが膨れる。
  • 王子は靴をつかい町中の未婚の女性の足のサイズを調べていた。シンデレラの継母は自分の娘の足の指を切って靴に無理やり入れるが入らず、もう一人の娘のかかとを削って靴を入れるが、気絶してしまう
  • その時召使に気が付いた王子は靴を履かせ、目を見てシンデレラと判明し、彼女を抱いて城に戻る。シンデレラの鳥たちは、彼女をいじめていた娘二人に襲いかかり、失明させてしまう
  • ラプンツェルは魔女によって沼に追放されていた。しかしそこに目の見えなくなった王子の弟がたどり着く。目にとげの刺さった王子を見たラプンツェルは泣くと、その涙がかかった王子の目が治った
  • こうして皆の「願い」がかない、シンデレラの結婚式が行われることになった。
  • …しかし、このとき大地震が起き、城の塔が崩壊する
  • 王子は自分の結婚式に集まった人々に自分の家に戻るように指示した。
  • パン屋が自分の村に戻るため森の中を歩いていると、赤ずきんの少女が一人で座っていた。彼女は家が壊れ、森の小道が破壊され、おばあさんの家が分からなくなってしまったと言った。
  • するとそこにシンデレラの継母一行と執事が現れる。その時またも地震が発生した。
  • 実はシンデレラの投げ捨てた豆が発芽し、蔓が巨人の国につながってしまったのである。蔓を降りてきた巨人女は、巨人男を殺したジャックを探して歩き回り、村や森を破壊していた
  • 魔女はジャックを捕まえようと言うが、ジャックの母はジャックを守ろうとする。しかしそれを聞いた執事がジャックの母を押しのけ、ジャックは教会の塔にいると嘘を言い、それを聞いた巨人は教会へ向かう。
  • しかしジャックの母は押しのけられた際に打ち所が悪く死にかけていた。彼女は弱を守って欲しいとパン屋に頼み死んでしまう
  • ラプンツェルは昔閉じ込められていた塔にいた。すると魔女が現れ、一緒に行こうと言う。しかしそこに王子の弟が現れる。ラプンツェルは魔女の誘いを断り、王子の弟と馬でどこかへ行ってしまう。
  • パン屋と赤ずきんはジャックを探すことに。赤ずきんに赤ちゃんを預け、それぞれ500歩ずつ違う方向に歩くことにする
  • 妻が歩いて行った方向には王子がいた。王子は一人森を進む妻を見てキスをしてしまう。王子が去った後、妻は元の場所に戻ろうとするが、地震が発生し、掴んでいた枝から手が離れてしまって…
  • 主人が歩いて行った方向には巨木と倒れたお墓の近くに佇む少女の姿があった。。その少女に話しかけると彼女はシンデレラだった。シンデレラを連れ、パン屋は元の場所に戻る
  • しかし妻は戻ってこず、魔女と魔女のとらえたジャックが通りかかり、ジャックから妻が崖の下で死んでいたことを伝えられる。
  • そもそもこうなってしまったのはジャックが巨人の国から盗んできたのが悪いと言うと、ジャックは豆を渡したのが悪いと言う。このようにお互いに罪の擦り付け合いを行うと魔女が自分たちはどうせ踏みつぶされると自暴自棄になり、自分の持っていた豆をすべてばらまくことで「豆をなくしてはならない」と言う呪いにかかり、沼になってしまう
  • パン屋の主人は子供をシンデレラに渡し、一人で逃げようとする。するとその場に父親(幽霊?)が現れ、自分のように子供を見捨てるなと諭す
  • 主人は沼のほとりに戻り、ジャックを囮にして沼まで誘い込み、巨人を倒す計画を立てる。シンデレラは鳥たちを呼び寄せ、赤ずきんはオオカミの頭巾で投石器を作る
  • こうして現れた巨人を沼におびき寄せ、ジャックの投げた石で巨人を気絶刺せた推すことができた。
  • パン屋の主人は妻を失ったが、親を失った赤ずきん、ジャック。そしてシンデレラとともに暮らすことにした

 

感想

ブロードウェイミュージカルが原作です。

…いろいろな物語がくっついているため、かなりごっちゃごちゃです>< 

 

ってか魔女とオオカミ目立ちすぎですねw全部あの二人に持ってかれちゃった感が(略

 

 

広告を非表示にする