読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベルさんの戯言室

ゲームの攻略とか映画のネタバレとか。そのほかヌルヌル書いてます。リンクフリーです。※当ブログはPC版表示に最適化されています。

マレフィセント ネタバレと感想

http://download.disney.co.jp/disney-princess/wallpapers/410059

 

1週間ほど遅くなりましたが,マレフィセント観てきました!

 

 

続きはネタバレ注意です

 

ストーリー

箇条書きでざっと書いていきます.

記載の都合上順番が入れ替わったり記載漏れがあったりします…

 

  • 昔々,人間の国と妖精の国があった
  • 妖精の国には一人の女の子…のように見える妖精がいた.彼女の名はマレフィセント
  • マレフィセントが森を飛んでいると,人間の盗人が侵入したと話を聞く
  • 人間を見たことのないマレフィセントは盗人を抑えていた番人(?)の元に飛んでいき,彼(ステファン)に盗んだものを返すよう話す
  • 彼女はステファンを森の縁まで送り届けた.ステファンがマレフィセントと握手をしようとすると,鉄の指輪でマレフィセントが火傷してしまう.ステファンが彼女のために指輪を捨てたのを見て,マレフィセントは好意をもつ
  • その後ステファンとマレフィセントは相思相愛となり,ステファンから「真実の愛」をプレゼントされるも,成長し大人になるにつれてステファンは人間の欲に溺れ,二人は合わなくなってしまう
  • 大人になったマレフィセントは最強の妖精となり,森の守護者となっていた.
  • ある日人間の王が森に攻め込んできた.彼女は魔法を使い人間を退散させるも,王は自分の後継者たちにマレフィセントを殺したものに王冠を授けると言う
  • ステファンは森に行き,マレフィセントと出会う.マレフィセントが気を許したすきに睡眠薬を盛り,彼女の羽を切り取ってしまう
  • マレフィセントが目を覚ますと,彼女はステファンに裏切られたことに気が付く,心身共に傷ついた彼女は山の中の古城で体を休める
  • すると古城に烏がやってきた.その時は烏を追い払うも,翌日その烏が人間に捕まっているのを見て,人間に変身させ助けることで忠誠を得る
  • 烏(ディアヴァル)を使い人間の国を偵察させる.するとステファンが王になるためにマレフィセントを裏切ったことを知り,彼女は復讐を誓う.また侵略から森を守るために茨の壁を作る
  • ある日ステファンに娘(オーロラ)が生まれたことが分かる.マレフィセントは城に向かい,オーロラに「16度目の誕生日に糸車の針で指を刺し,眠りに落ちる」「誰にも解くことができない」「真実の愛が目を覚ます」という魔法をかける
  • ステファンは国中の糸車を集め,地下室に封印する.また3人の妖精にオーロラを16年と1日守るよう指示する.しかし3人の妖精は子育てには向いていなかった
  • その様子を見ていたマレフィセントはディアヴァルを使って赤ちゃんのオーロラに水(?)を与えたり,崖から落ちそうなのを救ったり,遠くから見守る事になる
  • 15歳になったオーロラは好奇心旺盛で,茨の向こうにも興味を持つようになる.それに気が付いたマレフィセントは彼女を眠らせ,妖精の国に連れて行く
  • 妖精の国で目覚めたオーロラは,マレフィセントに影から出てくるように言う.マレフィセントはディアヴァルを紹介し,オーロラを眠らせて家に送り届ける
  • こうして何度かオーロラを妖精の国で遊ばせるようになり,マレフィセントは徐々にオーロラと仲良くなる.
  • オーロラはマレフィセントになぜ妖精なのに羽がないのか聞くが,盗まれた以上の事は教えてくれなかった.
  • マレフィセントは仲良くなったオーロラにかけた呪いを解こうとする.しかし過去「誰にも解くことのできない」魔法をかけてしまったため,解くことができなかった
  • それを知らないオーロラは,16歳の誕生日の前日,マレフィセントに妖精の国で暮らしたいと言い,おばさん達(3人の妖精)に話すことにする
  • どのようにおばさんたちを説得するか池のほとりで悩んでいると,一人の若者「フィリップ」が通りかかる.それを見たディアヴァルは彼こそが「真実の愛」で解呪できる人物と言うが,「真実の愛など存在しない」とマレフィセントは諦めている
  • オーロラは自宅に帰り,おばさんたちに家を出る事を言う.しかしおばさんが口を滑らせてしまい,自分が王の子であること,呪いがかけられている事を知る
  • オーロラはマレフィセントの元に行き,呪いがかけられたことをいつ話すのか彼女に尋ねる.マレフィセントが何も言えぬ間にオーロラは悪と言い捨て,城に向かってしまう
  • マレフィセントはフィリップを見つけ出すようにディアヴァルに指示する
  • 城に到着したオーロラはステファンに閉じ込められてしまう.しかし彼女に呪いが襲いかかり,部屋を出て地下に向かってしまう
  • マレフィセントはフィリップを眠りにつかせ,城に急ぐ.しかし途中でオーロラが地下室にあった糸車にふれてしまい,眠りについたことに気が付く
  • 城に侵入したマレフィセントは,鉄の茨を通り抜けオーロラの部屋の前までフィリップを運ぶ.フィリップに気が付いた3人の妖精は,彼こそ「真実の愛」で解呪できると思いキスさせるもオーロラは目覚めず部屋を出て行ってしまう
  • マレフィセントは自分の愚かさを悔やみ,オーロラを守ると誓いキスをする...すると,オーロラが目覚める!真実の愛は,オーロラとマレフィセントの間に生まれていた.
  • マレフィセントはオーロラをつれ城を抜け出そうとする.しかし罠にはまり鉄の網に捕えられてしまう.彼女はディアヴァルを竜に変えるも抵抗むなしく鉄の盾で囲われてしまい,鉄装備に身を包んだステファンに一方的に襲われてしまう
  • 乱戦から逃げ出したオーロラは,部屋の中で巨大な羽が暴れているのに気が付く.オーロラは羽を閉じ込めていたショーケースを破壊すると,羽がマレフィセントの元に飛んでいく
  • 結果マレフィセントは羽を取戻した.飛んだ彼女は優勢になるもステファンが鎖を投げつけぶら下がってしまう
  • マレフィセントはそのまま窓から飛び出し,棟の上に向かう.そこで鎖を外し,ステファンを一瞬殺そうとするも逃がすことにする
  • しかしその瞬間ステファンがマレフィセントに殴り掛かる.そのまま塔から転落し,ステファンは死んでしまう
  • ステファンが死んだことで人間の国による侵略は止まった.マレフィセントは王冠を外し,茨の壁を取り除き,妖精の国は彼女が子供だった頃のように戻った
  • マレフィセントはオーロラに王冠を授けた.これにより,妖精の国と人間の国は「勇者」と「魔王」の両面を持つマレフィセントによって統一されたのである

 

 

感想

マレフィセントの苦悩」ですね.

オーロラを見つめ続けた故に自分のかけた呪いを後悔し,彼女を助けるために奔走します.

…そうなっていった元の原因は3人の妖精たちが子育てを半分放棄してたからですが(笑)

 

しかし,最近のディズニーとジブリは,「真実の愛」の形が単純じゃなくなってきてますね

一昔前は,真実の愛=イケメンな王様なり勇者なりが王女様をたすけて~みたいな流れが多かったように私は勝手に感じていたのですが,アナと雪の女王では(アナと雪の女王 ストーリーと感想(ネタバレあり) - リベルさんの戯言室)結論を端的に言えば姉妹愛だったり,今度のジブリ作品「思い出のマーニー」もCMを見る限りry

 

次は何を観ようかな♪…思い出のマーニーかな?

広告を非表示にする