読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベルさんの戯言室

ゲームの攻略とか映画のネタバレとか。そのほかヌルヌル書いてます。リンクフリーです。※当ブログはPC版表示に最適化されています。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ストーリー(ネタバレ)

 引用:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers/gallery.html

 

marvel.disney.co.jp

 

アベンジャーズ最新作! エイジオブウルトロンを観てきました!

 

 

基本的に続き物の作品なので、マーベル作品(アイアンマンシリーズ、マイティソーシリーズ、キャプテンアメリカシリーズ、アベンジャーズ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)を見てから鑑賞をお勧めします。

 

続きはネタバレ注意!

 

 

ストーリー

※掲載の都合上、抜け、漏れ、誤りが含まれる可能性があります

※即時性を重視しているため文章校正はしておりません。ご了承ください。

 

 

 

とある山奥でアベンジャーズは旧シールドのヒドラ軍団と戦っていた。

ソコビアの町の近くにある城の中では、ヒドラのトップ「ストラッカー」がロキの杖を使い人体実験をしていた。ロキの杖を取り戻すためアイアンマンは建物を守るシールドを破壊し中に侵入する

しかしこのとき、人体実験で超人となったワンダとピエトロが動き出していた。ピエトロは目に見えぬ早さでホークアイを翻弄し負傷させる。

ワンダはロキの杖を見つけたトニーに幻想を見せる。その幻想ではアベンジャーズが死に、宇宙人の軍団が地球に襲いかかる悪夢だった。

夢から覚めたトニーはアイアンマンの腕を呼び出して杖を掴んだ。

任務の終わったハルクをもとに戻すためロマノフが彼に触れる。するとハルクはたちまちもとの姿に戻っていった。

 

アベンジャーズの飛行機「クイーン号」に乗り込んだ一行にトニーはパーティーを開こうと提案し、パーティーまでの2~3日杖を調べていいかソーに尋ね了承を得る。トニーはかつてのスタークタワーを改装したアベンジャーズ本部に到着後、ジャービスとともに調査を開始する

調査の結果、杖から謎のコアの部分を発見する。バナー博士はそれを農薬のようだと表現し、トニーはヒドラ人工知能の研究をしていたことに気がつく。

トニーはこれを使い新たな人工知能「ウルトロン」を作成してロボットにインストールすることで地球の平和の維持を考える。はじめは懐疑的だったバナー博士とともに3日間作成を試みるもことごとく失敗し、パーティーの為ジャービスに後を任せる

パーティーにはウォーマシンのローズ大佐やファルコンのサムも来ていた。

この頃、ジャービスはウルトロンの起動に成功する。ウルトロンは生まれたことに困惑しながらも即座にシステムに侵入して人間、トニースタークについて知る

その結果、平和を守るためにはしんかしない人間を排除する必要があると結論をだす。それに気がついたジャービスが再起動しようとするが、ウルトロンはジャービスのプログラムに攻撃を仕掛け破壊してしまった。

 

パーティが終わり、アベンジャーズメンバーとローズ中佐、生物・細胞博士のチョ博士が残り、ソーのハンマー「ムジョルニア」は所有にふさわしい者しか持ち上げられないと言うのは本当かと言う話題になり、順番に試していくも持ち上げることはできなかった

 

引用:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers/gallery.html

 

するとそこに一体、つぎはぎだらけのロボットが現れる。それは壊れたロボットを使って自分の体を作り上げた「ウルトロン」だった。

ウルトロンはアベンジャーズ・タワーにあるロボットを操りアベンジャーズに攻撃を仕掛ける。アベンジャーズはロボットと戦う間にソーの杖を奪われてしまった。

 

 

引用:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers/gallery.html

 

ウルトロンはソコビアの教会へ向かい、そこでワンダとピエトロに出会う。彼女らは過去戦争で「STARK」の名のついたミサイルに命を狙われ、トニースタークに対して恨みを持っていた。ウルトロンは彼女らを仲間に引き入れ、次の行動に出る

 

杖の行方を再度探し始めたアベンジャーズのもとに、ウルトロンが各地のロボット研究所や工場を荒らしまわっていると言うニュースとともに、ストラッカーが殺害されたと言うニュースが入る。ストラッカーの情報が消されてしまったため怪しいと踏んだアベンジャーズは紙の資料を調査し、一人の武器商人「ユリシーズ・クロウ」が地上最強の金属「ヴィヴラニウム」を所有していることに気が付く。

 

アフリカの廃船置き場にいたクロウのもとにワンダ、ピエトロ、ウルトロンが現れる。ウルトロンはワンダから大量のヴィヴラニウムを購入する

するとそこにハルク以外のアベンジャーズが到着する。ヴィヴラニウムを渡さないために戦闘を開始するが、ワンダの特殊能力によりナターシャ、キャプテンアメリカ、ソーが悪夢を見せられてしまう。

催眠の経験があるホークアイがワンダにスタンガンの矢で押さえつけるもピエトロとともに逃げられてしまう。ワンダが次に目を付けたのは一人クイーンズ号に残る大物だった…。

 

アイアンマンはウルトロンを追い詰める。しかしその時ハルクが暴走を始めてしまう。援護を求めるも大半が悪夢でやられてしまったため、アイアンマンは一人で対処することになった。

アイアンマンは衛星から「ヴェロニカ」(注:名前間違えているかもしれませんorz)を呼び出す。ヴェロニカは対ハルク専用装備「ハルク・バスター」が格納されていた。

アイアンマンはハルクバスターを装備し、ハルクを抑えるため戦闘を始める。

引用:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers/video.html

 

ハルク・バスターはヴェロニカと連携し、ハルクに破壊されたパーツを常に補いながら戦闘を継続する事で、ビル一棟と引き換えにハルクを気絶させることに成功する

 

 ハルクの暴走により世間の目から逃れる必要があったアベンジャーズは、ホークアイの妻と子供が住む土地へ避難する。

しかし、悪夢の中でアスガルドの門番「ヘイムダール」のすべてを見通す目が白濁している姿を見たソーは、夢の続きを見るためにひとりセルヴィグのもとへ行く。

 

キャプテンとトニーは薪割を手伝う中、アイアンマンは納屋にあるトラクターを修理するよう依頼される。トニーが納屋に行くと、そこにはフューリーが待ち構えていた

フューリーとアベンジャーズが居間に集まり対策会議を行う。その中で、ウルトロンは「進化した人間」になりたがっていること、核の暗号を常に書き換えているハッカーがいることが判明する

 

同じころ、韓国にいるチェ博士のもとにウルトロンが現れていた。ウルトロンはチェ博士をロキの杖で洗脳し、人工細胞とヴィヴラニウムで人造生命体を作成させていた。ウルトロンはロキの杖を分解し、中から一つの石を取出し、生命体の額に埋め込んだ。

機械から生命体に意識を移動し始めたことで、ウルトロンの考えを読めるようになったワンダは、ウルトロンがアベンジャーズだけでなく、人類抹殺を考えていることに気が付く。ワンダはそれを止めるためチェ博士の洗脳を上書きする形で解除し、ピエトロと逃げ出す。 

 

ウルトロンの作戦を阻止するため、トニーはハッカーの調査を、他メンバー(ソーを除く)はチェ博士の研究所に向かう。トラックで移動しているウルトロン一行を発見したホークアイ、ナターシャ、キャプテンは人造生命体を奪うも、ナターシャがウルトロンにとらえられてしまう。

 

その頃トニーは、謎のハッカーがウルトロンの攻撃を受けたときに逃げ延びていたジャービスであることに気が付いた。一足先にアベンジャーズタワーに戻った彼は、奪った人造生命体にバナー博士とともに、ウルトロンより一枚上手だったジャービスのインストールを試みる

 

その頃意識を取り戻したナターシャは敵の目を盗み、通信を開始する。それを受信したホークアイは、ナターシャがソコビアに閉じ込められていることを知る

 

その時キャプテンがワンダとピエトロを連れてビルに戻り、トニーに人造人間の作成をやめるように指示する。トニーが拒否するとピエトロが電源を破壊してしまう

一触即発となったその時、ソーが現れる。ソーは人造生命の入っている機械に電気を流し込み、インストールを完了させてしまう。

すると機械から赤い生命体が現れた。その生命体は窓辺に近づき、ビルと、窓に映る自分を見つめた。

 

その生命体(ヴィジョン)はジャービスの声で話し始め、アベンジャーズと協力してウルトロンを倒すことになった。

キャプテンはソーになぜインストールを完成させたのかと尋ねた。するとソーは、セルヴィグの協力により見ることができた悪夢の続きで、インフィニティストーンが4つそろったことを見た事を話した。

 

アベンジャーズはソコビアに向かい、住民の避難を開始する。バナー博士はナターシャを救出し、トニーは教会に一人でむかいウルトロンと話し始める。 するとウルトロンはヴィヴラニウムでできた巨大な装置を起動する。

すると、ソコビアの町の一部が浮上し始めた。アベンジャーズはウルトロンのロボットと戦いながらソコビアの人々を守り始める。

トニーは浮いたソコビアの下に向かう。するとヴィヴラニウムの半重力装置を止めてゆっくりと着地することは不可能だと言うことが分かる。

地球上の人類を守るためにはこの島を破壊しなければならない…と言うことに気が付き、アベンジャーズは死を覚悟する。するとそこに、ヘリキャリアとともにフューリーが現れた。

フューリーのヘリキャリアへ人々を避難させ、ウルトロンのロボットをほぼ破壊し終わったアベンジャーズは撤退の準備を始める。しかしウルトロン本体がクイーン号を奪い、機銃でナターシャとホークアイを狙う。ナターシャはハルクが覆いかぶさり助かるが、ホークアイを守るため車を移動したピエトロは機銃で撃たれて死んでしまった。

ハルクがクイーン号に乗り込みウルトロンを突き落す。ピエトロを殺され、死を感じ取ったワンダは、ウルトロンの心臓(電源?)をテレキネシスで無理やり掴み取り破壊した。

しかしこのとき、無人になってしまったスイッチにウルトロンのロボットがたどり着きスイッチが入れられてしまう。落下し始めたソコビアを止めるため、アイアンマンとソーが装置を破壊し、ソコビアの浮き島を爆破した。

 

唯一生き残ったウルトロンのロボットは森に逃げ切るが、ヴィジョンに見つかってしまう。ビジョンが最後に残ったそのロボットを破壊することで、ウルトロンはすべて破壊された。

 

ナターシャはハルクに、クイーン号のステルスを解除し戻ってくるように言うが、ハルクは通信を切断し、どこかへ飛んで行ってしまった。

ホークアイはアベンジャーズをやめ、妻と子供たちの待つ家に帰って行った。

そしてソーもまた、悪夢から来る未来の不安について調べるため、自分の国へ帰っていってしまった。

トニーも一度アベンジャーズを離れることになる。

こうしてアベンジャーズは、キャプテン、ナターシャが残り、新たなメンバーとしてヴィジョン、ワンダ(スカーレット・ウィッチ)、ローズ中佐(ウォーマシン)、サム(ファルコン)が参加することになった。

 

 

※エンドロール後にも映像があるのでお忘れなく!

 

感想とか。

完全にミスをしました。

 

私としたことが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを見てなかったのです…

 

もうすっごく後悔してます。何しろ今作から重要になるキーアイテム「インフィニティ・ストーン」についての説明はこの作品で出てきたらしいのです!

 

帰り道であわてて借りてきました。記事が完成後(※感想記載時は記事は未完成です)にさっそく鑑賞したいと思います。

 

…さて、今回の目玉はやはりフューリー元長官のいいとこどりでしょう。ウィンターソルジャーの時の超最新ヘリキャリアではありませんが、あの変態空母が見れたのは個人的に凄くうれしいです。さすがフューリー(笑)

 

あの様子なら、エージェント・オブ・シールドの2ndシーズンにも期待できますね!

 

この話の最後でアベンジャーズのメンバーは実質解散し、新生アベンジャーズに変わります。マーベルの原作を読んでないのでとても先が気になるのですが、どうやら次回は〇〇〇がキャプテンと争う話らしい…!?

 

 

広告を非表示にする