リベルさんの戯言室

ゲームの攻略とか映画のネタバレとか。そのほかヌルヌル書いてます。リンクフリーです。※当ブログはPC版表示に最適化されています。

ウォルト・ディズニーの約束 感想(ネタバレあり)

ttp://ugc.disney.co.jp/blog/movie/article/walt-gallery07?category=walt

こんばんは.徐々に映画成分の増えていくブログです(何

 

 

ウォルト・ディズニーの約束」見てきました!

ネタバレと感想を少しだけ.

 

 

 ストーリーを簡単に

ディズニー映画「メリーポピンズ」誕生秘話.

  • メリーポピンズ作家のパメラ・トラヴァースがウォルト・ディズニーから映画化の誘いを20年間断り続けたが,トラヴァース自身の財産が尽きかけていたこともあり,アニメを使わず,脚本へトラヴァースが関与することを条件にLAへ行く
  • 脚本のチェックを始めるが,出てくる案を言葉の一つ一つまでチェックし却下する.
  • 実はメリーポピンズは実体験を元に書いた本であるため,脚本に出てくるバンクス氏のモデルは彼女の父親.そのため,制作途中の歌に激怒する
  • そんな中,ウォルトディズニーは彼女をディズニーランドに案内したり,作曲家は面白い曲を作って頑なな彼女の心を解そうとする
  • 「バンクス氏が凧を直した」という歌である程度トラヴァースと打ち解けた制作陣だったが,ペンギンを躍らせるためにアニメーションを使う話がトラヴァースの耳に入り,契約せずにイギリスに帰ってしまう
  • ウォルトは次の便でイギリスへ彼女を追いかけていき,自分が新聞配達をさせられていたこと,失敗すると父親にベルトのバックルで叩かれていたこと,でも今では父親像を大切にしている事を話し,トラヴァースにもうこれ以上過去のつらい記憶に囚われず,救済するのはどうか?と提案する
  • トラヴァースは過去の父親だけでなく自身を許し,映像化の契約書にサインする
  • 映画が完成し試写会の日,ウォルトはトラヴァースの許さなかったアニメーションを用いた映像や,映画を守るために彼女を呼ばなかったが,トラヴァース本人がLAまで来て試写会に参加する

 

軽く感想とか

泣けます.トラヴァースの幼少時代の話もそうですが,彼女の心の移り変わりがとてもよくわかる作品でした.

ただ鑑賞前に失敗点が一つ.この作品はメリーポピンズを見てから行ったほうがよかったですね.メリーポピンズがどのような話だったか知っているだけで理解度は変わってくるはず

又,作品の中で突然トラヴァースの幼少時代に話が戻ったりするので集中してみていないと話についていけなくなります.トラヴァースの過去の経験が今の彼女とメリーポピンズを作っているためとても重要な部分です

 

ストーリー的には原題のSaving Mr. Banks(バンクス氏の救済)の方が分かりやすいですね.なぜ邦題にするときに名前を簡単に切り替えてしまうのでしょうか…確かに彼自身の約束(メリーポピンズ像を守る事)も大切ですが…

広告を非表示にする